第11回「吉原本宿」歴史講座より

6月16日、「吉原本宿」第11回歴史講座が、講師に吉原一中教諭、田中淳一先生をお迎え
して開催されました。
b0093221_2552627.jpg
テーマが鯛屋旅館と次郎長開墾ということで、大渕から参加された方や、吉原高校・吉原商業の先生がたなども交え、29名という沢山の方が受講されました。
 
b0093221_2124411.jpg
またこれまでの講座とは違い、明治以降の歴史と有って、年配の方の中には身近な史実として
自分の見聞きしたこととの相違点について質問が上がるなど、興味の深さがうかがえました。
しかし、その反面、講師のお話の腰を折ってしまう結果になるなど反省すべき点も有り、あらため
て講座運営を見直す機会ともなりました。

b0093221_21435453.jpg

お待ちかねの昼食は、季節柄これまでの「温かいうどん・そば」から、ヒンヤリと喉越しの良い
「ざるそば」にかわりました。
「そばは、ひきたて・打ちたて・あげたてが命!」と、講座の進み具合を見ながら茹で上げるため
テーブルにより時間差はありますが、その待ち時間にもお話に花が咲いているようでした。

次回開催の、第12回「吉原本宿」歴史講座は、
7月21日(土)10:00より
講師に 駿河郷土史研究会 渡辺繁治 先生 をお迎えして
「山本勘助 について 」 です。 
沢山の皆様の受講をお待ちしています。         
              

             
[PR]
by h-kaguya | 2007-06-17 22:10 | ★『吉原宿』旅は道連れ | Comments(0)

富士つけナポリタンのまち


by かぐや