<   2006年 12月 ( 17 )   > この月の画像一覧

一人

b0093221_3343163.jpg

[PR]
by h-kaguya | 2006-12-28 03:37 | Comments(1)
12月27日12時より、鯛屋旅館「吉原本宿」通学合宿に参加した子供達を対象にした『2日遅れのクリスマス会』が行われた。
都合が悪くなってこられなくなった二人を除いて17名全員が元気な顔を見せてくれた。
三々五々集まってきた子供たちは口々に「懐かしい」を連発する。。。
(オイオイ、懐かしいって・・・まだ一ヶ月しか経ってないのに(笑)、まぁ、こういう経験は別枠なのだろう。)
b0093221_1324685.jpg

軽い挨拶の後、まずは旺盛な食欲を満たしてからボランティアのお兄さん
「みかん」と、お姉さん「アミーゴ」と一緒に歌やゲームで楽しんだ。
b0093221_22025.jpg
b0093221_2212415.jpg

ゲームや歌で小腹をすかせたところで、メインイベントのケーキとプレゼント交換が行われ
b0093221_2315757.jpg

ケーキは写真を撮る間もなく、子供たちのお腹の中に納まってしまったw

終わりの挨拶の時に、「来年もまた通学合宿で会いましょう」と言うと、
6年生から「えー」と言う声が漏れ、思わずスタッフの口から「中学生向けの企画も何か考えるから」と。。。
どうやら、来年度の課題が一つ増えたようです(笑)

今回の反省点
急遽だった事もあり段取りが悪く、せっかく手伝いに来てくださった地域の
おじいさんやお祖母さん、昼休み時間を割いてゲームを考えてきてく下さった
スタッフの出番がなくなってしまったこと、大変申し訳ありませんでした。
[PR]
by h-kaguya | 2006-12-28 03:03 | Comments(2)

年末年始の営業のご案内

鯛屋旅館「吉原本宿」年末年始の営業は下記の通りとなります。

【一店逸品販売処】・【歴史処】・・12月29日~1月4日 お休み

【お食事処】・・・・・・・12月29日 11:00~14:00まで営業
                30日 11:00~14:00まで営業
               31日 11:00~16:00まで営業
             1月 1日  お休み
                2日  お休み
               3日  お休み
               4日  11:00~14:00まで営業
               5日  通常営業

                         
いよいよ今年も余す所7日。
「年内にお会いできるのも今日が最後ですね、どうぞ良いお年をお迎えください。」
今日は、そんな挨拶を何人もの方と交わしました。
[PR]
by h-kaguya | 2006-12-25 10:10 | ★『吉原宿』旅は道連れ | Comments(0)

二日遅れのクリスマス会

通学合宿に参加した子供たちの「また、集まりたい~!!」と言う声に応えて
12月27日、二日遅れのクリスマス会を開く事になった。
子供達がまた鯛屋旅館「吉原本宿」に帰ってくる^^。

スタッフと当日の打ち合わせをし、一部手配を済ませ「本宿」を閉めると
外はもう暗くなっている。b0093221_23103537.jpg
南岳堂さんで、小さなケーキを一つ買って急いで駐車場に向かう。
風はないけれど体の芯から冷える、途中の自販機で買った
コーンポタージュのホッとする温かさ。。。
子供たちの笑顔と似てる。
[PR]
by h-kaguya | 2006-12-24 23:06 | ★『吉原宿』旅は道連れ | Comments(0)

12月21日

b0093221_2338401.jpg

昨日とは打って変わって薄墨を流したような富士山

           12月21日14:10富士市にて
[PR]
by h-kaguya | 2006-12-21 23:38 | Comments(2)

12月20日

b0093221_2334565.jpg
地球温暖化が大沢崩れの崩落を早めている一因とも言われている。
世界遺産になんてならなくてもいい、でもこの姿だけは守りたい。

富士宮市にて 12月20日 12:24
[PR]
by h-kaguya | 2006-12-21 23:35 | Comments(0)
12月16日(土) 第七回 鯛屋旅館「吉原本宿」歴史講座が開催されました。
6月3日に第一回を開催後、着実に回を重ね第七回目は、定員を上回る32名の受講者を迎え2006年を締め括るに相応しい講座となりました。

演題は、駿河郷土史研究会の渡辺繁治先生による
               『お正月行事に込められた人々の願い』

b0093221_21282480.jpg
優しい笑顔とウイットに富んだお話に、七回皆勤の方も初めて受講される方も会場全体が一気に惹きこまれていきます。
b0093221_22238100.jpg

また、今回の受講者の中には、わざわざ沼津から参加して下さった御夫婦の姿がありました。
先月吉原本宿に来館されたお二人に、館内の説明とともにこの歴史講座を紹介してみました。
沼津からいらしたことはお聞きしましたが、演題が『お正月の行事について』だったので、どなたにも抵抗無く聴いていただけるものだと思ったからです。数日して受講の申し込みを頂いた時は、大変嬉しくこれからの活動の広がりの手がかりになるような気がしました。

b0093221_2224265.jpg

講座が終わると、お待ちかねの昼食です。
今日は、わかめがトッピングされた きざみうどんと、希望者には そばで した。0612/17/21/|mid|602|339#]お味の方はいかがでしたか?


鯛屋旅館『吉原本宿』歴史講座は、魅力有る講師の方々のお力に支えられ、七回で延べ178名という沢山の方々のご参加をいただき、名実ともにタウンマネージメント吉原の企画の顔として育っています。
[PR]
by h-kaguya | 2006-12-17 21:20 | Comments(0)

迷い

b0093221_312532.jpg
商店街にクリスマスイルミネーションが施された。
一見華やかそうに見える画像は、そう見えるようにトリミングしたから。

諦念・・・
馴れ合い・・・

どこかに迷い。
[PR]
by h-kaguya | 2006-12-16 03:07 | ★『吉原宿』旅は道連れ | Comments(0)

ウインターハット

まだ帽子まつりの余韻が残っていた11月1日の授業では、2種類の帽子の
型紙を取り裁断までし、月内に作り上げてしまうつもりで勢い込んでいた。
ところが、11月は思いのほか仕事のスケジュールが混んでいて、家に帰ってから
縫製やフェルト作りの作業をするだけの時間も元気も無く、全く手付かずのまま
「来週は必ず行きます・・・」と、毎週毎週電話をしながらとうとう今日まで学校を
お休みしてしまった。今日こそは行かなければ!!

b0093221_1264016.jpg
ウインターハット
これが今回の課題。
ウインターハットはその名の通り、寒い土地でのかぶりもの。
耳から襟元を暖かく包み込み、長く伸びた帯状の部分を前で
軽く結ぶ。
6枚はぎクラウンを発展させたデザインである。(教本より)



昼の授業で、表地・裏地の変形の6枚はぎクラウンをそれぞれ縫い合わせ、何とか
形が出来た。
用いた生地は、吉原のコットンマートで見つけたウールの変り織り、オフホワイトとグレー肌触りもよく温かく、適度に弾力も有り他の人にも好評だった。

しかし、頭の中で最初にイメージしていたものを作るのには、何色かのフェルトを作って
おかなければならなかったのだけれど・・・。
仕方がないので、夜の授業が始まるまでの空き時間を使って考える事にした。

b0093221_1215699.jpg

近くの喫茶店でちょっと早い夕食を軽くとり(オムライスセット、デザートはマンゴーゼリーと
コーヒー・・・これで軽いのかな。。。w)、池袋に買出しに出かけた。
なかなか思うようなものが見付からず、結局ピンクの20mmのフェルト玉を買ってきた。
b0093221_1265394.jpg

帽子の共生地とフェルト玉を使ってコサージュを作って仮止めして見た。
まぁ、こんなものかな^^。後は仕付けの部分にステッチを入れて完成です。

当初思い描いたものとは違って、随分可愛らしい帽子になってしまったけれど。。。
先輩方の助言で、長く伸びた帯状の部分の結び方を変えると全く違った帽子に変身した(笑)
b0093221_127531.jpg

皆さんそれぞれ秀でたものを持ち、すでに個展を開くなど活躍している人も有り
同じ教室に居られるだけでも勉強になる事がいっぱい有る。


仕事は、少々ハードだけど面白い、帽子作りも本当に楽しい。
幸せって言うんだろうな。。。こういう事。

[PR]
by h-kaguya | 2006-12-14 02:02 | ☆帽子 | Comments(2)

折々の富士山


b0093221_922123.jpg

12月13日
昨日とは打って変わって青空を背景にそびえ立つ。
山頂の辺りは強い風が吹いているのだろう、巻き上げられた雪が噴煙のようにも見える。

b0093221_8592515.jpg
12月12日
鉛色の雲がまるで大きな傘のように頂にかかり
押さえ込まれた朝の光が山の稜線を際立たせ冬の朝をせめぎ合う。
今日は雨?それとも雪?
[PR]
by h-kaguya | 2006-12-13 09:19 | Comments(0)

富士つけナポリタンのまち


by かぐや