<   2007年 03月 ( 20 )   > この月の画像一覧

3月26日 19:30よりコミュニティーfにて、「我が経営を語る」第二弾が開催されました。
第一弾が大好評で、もっとじっくり聴きたいという声も有り今回は3名の方にお願いしました。

b0093221_9292273.jpg

今回はどんなお話が聴けるのかと集まった約30名の会員の皆さんは、初めから聴く気満々
真剣そのものです。。。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 (有) ふとんの松永   松永 明 さん

b0093221_9341655.jpgふとんの松永さんは、東海道吉原宿「東本通り商店街」にあり、5年前に代替わりし現在3代目。受け継いだ家業に若い視線で光を当てようとしている。
日常生活の中にあって、あまりにも身近過ぎて、その実よく知らないって事は案外多い。布団もその一つ。
松永さんのお話は、そんな布団の歴史から始まりました。

私達が普段当たり前のように使っている布団の歴史は意外に浅く、平安時代にはござやむしろを幾重にも重ねて(畳)寝るという生活ていました。
b0093221_1002537.jpgその後、蒲の穂を詰めた物を使い始めたのが「蒲団」の語源だとも言われています。
当時は蒲団と言えば敷布団を指し、薄い絹綿の入った着物を上に掛けて寝ていました。
しかし、それも貴族達だけで、庶民は藁などを敷いて横になり昼間着ていた着物を掛けて寝ていました。
戦国時代になって、綿花の栽培が始まり木綿わたの入った蒲団や着物「夜着(よぎ・やぎ)・かいまき」が使われるようになり、江戸時代後期に今のような四角い形の布団がやっと登場してきました。しかし、これも一部の上流階級の人達で庶民には到底手の届かないものでした。実際に庶民がわたの布団を使えるようになったのは綿の輸入が盛んになった明治の後半になってからの事。
よく時代劇などを見ていると貧しい父娘が登場し、病気で床に伏していいる父・・・、「すまないねぇ・・・」「おとっつあん・・・」と言ったシーンを見かけますが、松永さん曰く「そんなに貧しいなら、その蒲団を売れ!!」と、言うのも当時の記録によると、なんと敷布団3枚で100両!!
今のお金に換算すると1200万円。一枚当たり400万円くらいだったと考えると、その突っ込みも頷ける気がしました(笑)
b0093221_9344368.jpg初めは、わたを売っていた「たわ屋」が戦後完成品の布団を売るようになって「ふとん屋」と呼ばれるようになりました。
昭和40年代マットレスの登場とともに毎週の仕入れ単位が「トラック一台」といった時代もありましたが、バブルのはじけた後価格破壊の対象となり、更に現在はネット通販が盛んに行われ、ふとん屋が名前を伏せて安売りをする悪循環。
松永さんは生き残りをかけ、「布団に関する知識を深め独自性を持ち「提案できる事」「お客様の要望に応える事」そして、それらを「し続ける事」をモットーに、より良い眠りの為にお客様一人一人に合った「枕」作りに力を入れています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 (資) 内藤金物店   内藤 勝則 さん

b0093221_9354061.jpg◆ 修行時代
大学卒業後、同業者のもとで二年間修行。
ユニーの担当に配属され、配属後直ぐから一人で店回り(各店舗・本部回り)を任されたが、新人ではなかなか話しを聞いてもらえなかったり、新店舗開店の商品のディスプレーを、普通なら10人で一日で終わらせる作業を1人で10日かかって陳列するなど孤軍奮闘の毎日。
1000万円売ると一人前と言われたけど、300万円ぐらいだった・・・。
「話しを聞いてもらうために、当時ユニーの閉店時間は午後7時、(自社の閉店は5時)時間外に足を運んでは、あの頃は飲みに行ったり、接待ゴルフなどよく行ったなぁ。。。今はタブーだけど。」と懐かしそうに話す内藤さんを見ながら、そういえば「飲みニュケーション」そんな言葉が流行った時代が有ったことを思い出しました。
b0093221_936098.jpg
◆ 父親から教えられた事
父親は三男で、本来は跡取りではなかったが事情により家業を継いだけれど、人が良い上に気が弱く接客が苦手だったため、子供達を巻き込んで接客をした。(それが人によっては「家中で接客してくれる」と喜んでくれた。)
そんな父親が教えてくれたのは
①利は元に有る(仕入先を大切に)
②お客様はどんな人でも平等に


お父さんの話をしている時の内藤さんの顔が、優しく誇らしげなのが印象的でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(株) タチバナヤ  小川 和孝 さん
 
 私の履歴書
「経営を語る」と言う程大した物はないから、と前置きをして語り始めた小川さんはb0093221_9364290.jpg
実は埼玉県生まれ。

大学を卒業後 (株)ニューヨーカーに入社(池袋西部担当)紳士服を手がける。
2年勤務したが、結婚を機に奥さんの実家「吉原」の住人となるも、無職。
昭和47年当時の吉原の集客数は今と比べ物にならないくらいすごかったが「タチバナヤは田舎に行け!」と言われていた。

1976/8月  これではもったいないと言うと、先代から「じゃぁ、あんたやってよ」と言われ店を
          継ぐ決心をする。
1978/9月  デッドストックを2年かけて処分、リモデルし店名だけを残してメンズ・ウィメンズ
          展開。しかし、評のため半期でウィメンのみに変更。
1985/5月  (株)ハウス社長に就任。沼津 富士急本館1階に出店。
          沼津商店街の理事・テナントの会計などを受ける。
1991/11月 体調を崩し3ヶ月間の入院生活を経験。
          入会していた青年会議所の卒業式に出られなかった事が残念だった。
1992/12月 バブル後半期に富士に出店。
          シャープ振興会理事を受ける。    
b0093221_9371756.jpg
その後、富士急が集客減のため本館のみの縮小に入り2003年沼津・富士店を撤退。
バブル・バブル崩壊という激動の時代に、果敢に事業展開に挑戦するバイタリティーと時を読む力で今を築いている。老舗の多い吉原では珍しい存在かもしれない。

2003年春、自分の魂の置き所「吉原」に貢献しようと県の「まち創り講座」を受講。

以後吉原進行組合振興組合・TMO理事などに積極的にかかわり、これまでに培った人脈や情報網を「吉原」の為に活かそうととしている。
そして、「最近は家業よりそちらに費やす時間の方が多いかも知れない。」と笑う小川さんは、それを理解し支え続けてくれる奥さんへの感謝の気持ちを忘れてはいない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「経営を語るほどのものはないよ」と言いながら持ち時間をオーバーする程、どなたも熱いものを持っていることが伝わってきました。
大型店やコンビニには無い何かが。。。
[PR]
by h-kaguya | 2007-03-27 08:44 | ★『吉原宿』旅は道連れ | Comments(4)

涙の陰に有るもの

b0093221_22471769.jpg
胸の詰まるような思いでテレビの画面に見入っていた。
b0093221_22473485.jpg
彼女達に比べたら比ではないけれど、例え少しでも同じようなプレッシャーの中に身を置いた事が有る者にとっては、自分で選んだ道とはいえあの「涙」本当に解るよね。
b0093221_22475472.jpg

[PR]
by h-kaguya | 2007-03-24 20:40 | ☆かぐや徒然 | Comments(2)

春霞

b0093221_2345133.jpg
 
                                 行きつ戻りつしていた季節 


b0093221_2353746.jpg
       
  春霞に包まれて富士山もゆっくりと春の色に
       
[PR]
by h-kaguya | 2007-03-23 19:43 | Comments(0)

4月のイベント

4月10日(土) ★ 【吉原小宿】よしわら食彩サービス


4月20日(金) ★ 【吉原小宿】よしわら食彩サービス
             「大正琴の演奏」


4月20日(金) ★ あっぱれ富士
~22(日)      開催場所 富士市中央公園・ロゼシアター                   



4月21日(土) ★ 鯛屋旅館「吉原本宿」第10回歴史講座 
            
             演題     「新茶の入れ方」   

                    お茶の簡単な知識と実技体験   

             講 師 : 日本茶インストラクター 渡辺栄一 先生                 
             場  所 : 鯛屋旅館「吉原本宿」
             時  間 : AM10:00~11:30  
             定  員 : 30名
              参 加 費  : 1,000円
             ※昼食【鯛屋旅館の本手打ちうどん】
 
             申し込み先 : 鯛屋旅館「吉原本宿」
             TEL・FAX   : 0545-52-0100

[PR]
by h-kaguya | 2007-03-23 14:51 |    ♪イベントカレンダー | Comments(0)
3月17日(土) 鯛屋旅館「吉原本宿」一周年記念イベント「目方でドン!」に続いて「吉原宿携帯写真コンテスト」の表彰が行われました。
b0093221_0303236.jpg

スタッフより名前を呼ばれて嬉しそうに前に出る渡辺さん。

実は、会場に来た時には当選の通知の意味がよく理解できていなかったようで、
「私、ニンテンドーDS Lite 狙いなんです!!」
「それは良かったですね、おめでとうございます!!」
「えっ?、私DS貰えるんですか?」
なんて、こんな会話が。。。w
b0093221_032539.jpg
      審査員の評を聞きながら、あらためて自分の作品を見る渡辺さん。

b0093221_0375680.jpg
     DSを受け取る笑顔が本当に嬉しそうでした^^。


見事に一等を射止めた作品はこちら

b0093221_2242135.jpg富士市吉原 渡辺様

タイトル : 暑い日には。。
コメント :  夏の暑い日には氷が一番ですね。
        我が家の前にて。


― 審査員評 ―
夏の写真ですが、おじさんの笑顔が温かい街を映し出しているような感じだったのでグランプリに選出しました。


※  尚、残り各賞当選の皆様には、郵送または直接電話にてお知らせいたします
    ので、受け取り方法をご確認ください。
[PR]
by h-kaguya | 2007-03-19 22:49 | ★『吉原宿』旅は道連れ | Comments(0)
3月17日AM11:30 鯛屋旅館「吉原本宿」にて、オープン一周年記念イベントの表彰式が行われました。
b0093221_23573965.jpg
まず、「目方でドン!」の茶釜の重さ「16.55kg」に一番近い重さ「16.5kg」と書いた
富士市松岡の久保さん、富士市吉原の小澤さん、富士宮市大岩の宇佐美さんの
3名の方が名前を呼ばれ、緊張と期待の面持ちで前に並びました。
事前に郵送で当日くじ引きにて一等当選者を決定する事をお知らせしてあったので、もしかしたら昨夜はドキドキで眠れなかったかも。。。
b0093221_23585943.jpg
     スタッフよりくじ引きの説明を受け、ますます緊張が高まります。
b0093221_23582611.jpg
くじ引きの順番を決めるためのジャンケンを会場の皆さんも息を呑んで見守ります。
b0093221_23591879.jpg
        ジャンケンに勝った久保さんが迷いながら左端の封筒を選びました。
b0093221_2359439.jpg
           続いて小澤さん、宇佐美さんそれぞれ封筒をてに・・・・
b0093221_00338.jpg
              一斉に開封・・・ 結果は!? ぉおおおお!!
b0093221_01991.jpg
                 大きな歓声とともに会場が釘付けに!!
b0093221_003143.jpg
           見事に久保さんが一等当選を引き当てました!!
b0093221_023263.jpg
会場の皆さんから祝福の拍手を頂ながら、賞状と賞品「3万円の旅行券」を笑顔で受けとる
久保さん、本当におめでとうございました。
b0093221_242725.jpg
残念ながら一等を逃してしまった、小澤さん、宇佐美さんには、二等の「吉原本宿」一店逸品処のお菓子の詰め合わせが贈られました。
b0093221_24516.jpg
       鯛屋旅館「吉原本宿」お勧めの逸品!!ご家族でご賞味ください^^。

b0093221_04575.jpg
めでたく一等当選を果たした久保さんは、会場にいらした時「くじ運あまりないのよねぇ・・・」とおっしゃっていましたが、いえいえ、最強の運の持ち主ですよ!!
283通もの応募の中から近似値を獲得し、ジャンケンに勝ち、更に当選くじを引き当てたのですから。。。ねw
あらためて、おめでとうございます!

さて、もう一つのイベント「吉原宿携帯写真コンテスト」の結果は明日UPしますね^^。
実はまだ、画像が届いていないので・・・。
[PR]
by h-kaguya | 2007-03-19 02:22 | ★『吉原宿』旅は道連れ | Comments(0)
b0093221_3173713.jpg
3月17日(土)今期最後の歴史講座が講師に駿河郷土史研究会の渡辺繁治先生をお迎えして、開催されました。
演題は「お雛さまについて」
時季的に遅いのでは?と思われる方もいるかと思いますが、この辺りでは雛祭りは4月3日が主流。
b0093221_21315084.jpg

22名の受講者の方は、歴史処に展示されているお雛様を観たあと講座へという流れで、江戸時代から今に伝わる「雛祭り」の持つ本来の意味や謂れとその変遷について、一層お話に興味を持たれた事と思います。

b0093221_21321095.jpgまた今回は、講座終了直後、「吉原本宿」一周年記念イベント「目方でドン!」と「吉原宿携帯写真コンテスト」の賞品贈呈式が行われ、特に「目方でドン!」では、正解の16.55kgに一番近い16.5kgと書いて応募された方3名が、受講者立会いのもと、その場でくじ引きをし、一等(三万円の旅行券)が決定するというサプライズも有り、昼食のうどんの味も一際だったのではないでしょうか?
お帰りの際に「次回の予定を教えて!」の声が続出。
「とにかく面白い!これからのいろんな企画全部参加したいわ!!」こんな声を聞いたらTMOのスタッフの皆さん、来期も手抜きはできませんね^^。
[PR]
by h-kaguya | 2007-03-18 23:19 | ★『吉原宿』旅は道連れ | Comments(0)

一等賞品は誰の手に?

 いよいよ明日は「吉原本宿」の一周年記念イベントの当選舎発表と賞品の贈呈式です。

「目方でドン!」 一等賞品【3万円の旅行券】
吉原宿携帯写真コンテスト 一等賞品【ニンテンドーDS Lite】

実は、「目方でドン!」の正解者(近似値)は三名いらっしゃいました。
そこで、明日三者立会いの下、一等【3万円の旅行券】の当選者が決まります。
正解者の方々には事前に郵送でお知らせをして有ります。
きっと今夜は、ドキドキで眠れないかも。。。

皆さんも、歴史講座に参加しながら、世紀の(?)発表に立ち会いませんか?(笑)

第九回歴史講座 AM 10:00~11:30
【吉原本宿」一周年記念イベント 賞品贈呈式 AM11:30から

[PR]
by h-kaguya | 2007-03-17 00:11 | ★『吉原宿』旅は道連れ | Comments(2)

畳みの ひと目ずつ

b0093221_037213.jpg

一日一日 日が伸びて、帰り道夕焼けの空を楽しみながら帰る。
ちょうど、源道寺駅の手前まで来たとき富士山に最後の紅が差して
昼と夜の境目を越えた。
[PR]
by h-kaguya | 2007-03-13 00:57 | Comments(0)

16.55 

16.55そうです、この数字こそが、あの茶釜の重さ!!
「目方でドン!!」の正解です。
b0093221_22382815.jpg

ところで、応募された皆さん、自分の書いた数字をメモってありますか?
「あー、忘れた・・・」と言う方、大丈夫です!
正解または一番近い数字を書いて下さった方には、2~3日中にTMOより「当選」の
お知らせが届くと思います。
[PR]
by h-kaguya | 2007-03-12 22:43 | ★『吉原宿』旅は道連れ | Comments(0)

富士つけナポリタンのまち


by かぐや