<   2009年 06月 ( 28 )   > この月の画像一覧

吉原祇園祭s High

一年の悲喜こもごもを昇華するかのように熱く燃えた二日間。
b0093221_4152838.jpg
b0093221_4181061.jpg
b0093221_4194546.jpg
b0093221_4213824.jpg
b0093221_4272379.jpg
b0093221_4234543.jpg
b0093221_4252562.jpg

b0093221_4291479.jpg
b0093221_4341493.jpg
b0093221_4372669.jpg

[PR]
by h-kaguya | 2009-06-19 05:08 | ★『吉原宿』旅は道連れ | Comments(0)

最高潮!!吉原祇園祭

b0093221_20492598.jpg

b0093221_20492546.jpg

[PR]
by h-kaguya | 2009-06-13 20:49 | Comments(0)

吉原祇園祭!!

b0093221_16325882.jpg

お天気にも恵まれていよいよ始まりました!!広島、富山、名古屋、東京。
今年は、この祭を見に、全国から人が集まって来ています!
見所はこれから。21台の山車の競演。
今からでも間に合います!
吉原へGO!GO!
[PR]
by h-kaguya | 2009-06-13 16:32 | Comments(0)
b0093221_21474511.jpg
リオのカーニバルじゃないけど、一年をこの日のためにすごすと言っても過言じゃないほどの吉原っ子の祭り、吉原祇園祭が今週末開催されます!!
200軒以上の露天が並び、午後1時より吉原本町通りを中心に約1kmを車両通行止めにし、二日に渡り21台の山車が練り歩く熱く勇壮なお祭りです。
 ★http://www.yoshiwara.net/gion/
 ★http://www.fujisan-kkb.jp/event/detail.html?C=8961

ゴールデンウィーク以降、全国からいらしてく下さったお客様や近隣の市や町の方々の手に握られて、つけなポリタンマップとともに、吉原商店街マップ・吉原祇園祭パンフレットも飛ぶように出て行きました。
追加追加でも追いつかないほど。
こんなことは、「吉原本宿」に来て初めてです。。。


シャッター商店街って言われてるまちだけど、昔から守られてきた文化や伝統、そこに暮らす人たちやまちのいろんな顔を見てほしい。
その為に、いろんな人たちがいろんな形で「まちづくり」頑張っているから。。。

祇園祭期間中の
       吉原商店街つけナポリタン情報&杉山フルーツ情報



★ Cafe Sofarii 店内からお祭りが眺められます!!             
             営業時間 11:00~23:00
             イベントバージョン 
             つけナポリタン&各種フード(手作り・タコライス・ドライカレー)500円
             ドリンク(ビール・カクテル)500円

★ トラトリアキクチ 13日(土)営業時間:11:30~14:00 17:00~20:00(ラストオーダー19:30)
              14日(日)休業

           
★ 居酒屋 喰物問屋  昼夜通しで営業!!
             営業時間11:00~24:00 
             二日間つけナポリタン イベントバージョン(takeout パックのみ)500円 

★ 居酒屋 TOMATO 昼夜通しで営業!!              
             営業時間:11:00~24:00

★ 御幸屋  いつもお祭り!!通常営業             
             営業時間:11:00~22:00


★ アウターネット吉原 お祭り営業、昼夜通しで営業します!! 
             営業時間:11:00~21:00

★ winstoncafe  昼夜通し営業します! 
             営業時間:11:00~21:00

★ 創作酒肴 雪月花  気持ち早めのopenです!!
             営業時間:18:00~24:00 

★ クーペ    日曜日も営業します! 
             営業時間:18:00~24:00

 喫茶 アドニス 13日(土)・14日(日)休業
元祖つけナポリタンのお店アドニス市川さんは、六軒町副青年長として祇園祭に臨む為、二日間休業となります。

 杉山フルーツ
「吉原祇園祭」の影響で6月11日より 杉山フルーツの生ゼリー工房はお祭り工房に変化します。 吉原祇園祭に全身全霊で臨むので6月11日(木)~6月17日(水)までは生フルーツゼリーの製造は出来ないのでご了承ください。
[PR]
by h-kaguya | 2009-06-12 02:23 | ■つけナポリタンの町から | Comments(0)

雨のち 富士山!

b0093221_17263217.jpg

朝撮った画像を編集してUPしていたら、気がつけば外は晴天。。。
2階の窓から富士山の頂きが見えました。白い雲はまるで夏の雲。
今年の梅雨は短そうだと言う天気予報。
祇園祭には晴れてほしいけど・・・
何だか複雑な気分。
[PR]
by h-kaguya | 2009-06-11 17:23 | ☆折々の富士山 | Comments(0)

梅雨入りだねぇ。。。

b0093221_16294198.jpg
野の草木の上に
b0093221_16411034.jpg
昆虫の上に
b0093221_1642289.jpg
庭木の上に
大きな木の上に 
b0093221_16461385.jpg

人の暮らしの上に
b0093221_16474513.jpg
同じ大きさで落ちてくる
[PR]
by h-kaguya | 2009-06-11 17:02 | ☆自然 | Comments(4)

ボランティア

炭バサミとスーパーの袋を持った女性が二人。
ゴミを拾いながら歩いてきます。ちょうどパーク1のところですれ違いました。
商店街の人ではありませんでした。
たまたまであった光景ですが、なんだかそのまま通り過ぎてしまうのが恥ずかしくて、「ありがとうございます。」と声をかけました。
声をかけられたことで、逆に恥ずかしそうにしていましたが、明治安田生命のお二人でした。
b0093221_12181755.jpg

かぐやも、毎朝玄関先のセットをしながら「吉原本宿」の周りの信号から信号までの一区間、シャッターが閉まっているところや、普段管理する人ががいないらしい所は気をつけてゴミを拾ったり掃いたりするようにしているのですが、結構勇気がいるんです。
[PR]
by h-kaguya | 2009-06-10 12:16 | ★『吉原宿』旅は道連れ | Comments(0)
岳南鉄道季節の風物詩 ジャズトレイン運行!!

ローカル線ならではの風景と人との触れ合い、そしてジャズ。
岳南鉄道吉原駅から終点江尾、往復18.4キロの旅。
夏の夕べの非日常へのご招待。

b0093221_10171180.jpg

[PR]
by h-kaguya | 2009-06-09 10:19 | ▲まちの駅から | Comments(0)

6月の雨には6月の花

b0093221_934185.jpg
昨日、久々に旧道を通って吉原へ。
信号待ちで止まった車の窓から手が届きそうなところにアジサイの花。
旧道や裏道には、思わぬ発見や感動がある。。。
西富士道路に乗ってしまうと信号待ちなんかないからね。
今日も、少し早めに出かけてみようかな。
[PR]
by h-kaguya | 2009-06-08 09:11 | ☆自然 | Comments(0)
富士市民活動センター(コミュニティーf)では、6月4日(木)~12日(金)にかけて、FUJI NPO EXPO 2009が開催されています。(詳細はこちらから

様々な分野で活躍する6組の講師を招いての講演会(NPO EXPO FORUM 2009)で、初日は


「オンパク」で地域資源を掘り起こせ!
             ~別府のまちづくりに学ぶ市民活動~

 講師 野上 泰生さん(NPO法人ハット・オンパク 理事)


幾つか興味をそそられたものもありましたが、なかなか時間が合わない・・・。
特に仕事柄、“まちづり”と言う言葉には強く引かれたましたが、開催時間が19:00~21:00
と言うのが、隣の富士宮市から片道40分かけて通っている身にはなかなか厳しい。
TMOの理事会に参加する時もそうだけど、仕事を終えて一旦家に帰って夕食の支度をしてまた吉原に戻る。更に講演会が終わって家に帰る・・・1往復半の所要時間だけでも、120分。
秤にかけて諦めかけていたところ、分銅の錘を戻したのはこの日パネラーになっているまちの駅事務局次長のKさんから届いたお誘いのメールでした。
 
こういった講演は、おおよそどこぞの町の成功した良いとこ取りの話だけ・・・。
終わった後に残るのは、『まちの背景や条件が違う・・・』そんな不完全燃焼でモヤモヤした気持ち。
そんな場合が多い。
でも、今回はKさんがパネラーとして、普段のまちの駅の活動を踏まえこのモヤモヤの部分を解消してくれるのではないかと言う期待が勝ったと言うわけです。

b0093221_895827.jpg
少し遅れて会場に着くと、すでに定員を上回るであろう受講者の数。
(この企画成功じゃん・・・)継続して人を集めると言うのがいかに難しいか(成果を求められる事業にとって人の評価はまずそこから始まる)日ごろ痛感しているから、そんな目で見てしまう自分がいる。

席に着いてしばらくすると、まちづくりの3つの要素「若者・ばか者・よそ者」と言う言葉が出てきました。この言葉は、まちの駅のマークにもデザイン化して使われています。
(あぁ、またこれを中心に講演は展開されていくのか・・・時がたてば若者も年をとり、よそ者もいつか内の人になってしまう。知りたいのは、その先の事なのだ。)
そんな心の呟きが聞こえたかのように、「そういう特別な人ではなく、普通の人ができるまちづくりはないものか。」一番聞きたいことに話が進んでいく。
別府温泉とう全国的にも有名なバックボーンを持つまちでさえ抱える問題(そうそう、これが聞きたかった。。。)
失敗談も包み隠さず笑って話す講師の野上さんの魅力にどんどん引き込まれていきました。
イベントで集まった人たちは、イベントが終われば去ってしまうけれど、「路地裏で資源発掘」観光資源はなくてもそこに暮らす人たちの生活や文化に触れて感動した人たちはまた帰ってくる。
本当はさ、こういう話みんなに聞いてほしいんだよね。

講演が終わって、懇親会の席で会場でできなかった質問をぶつけてみた(かぐや、実は意外とシャイ?w)。
そうだよね、「お願い」してやっていただくものは長続きしない。
[PR]
by h-kaguya | 2009-06-08 08:13 | ★『吉原宿』旅は道連れ | Comments(2)

富士つけナポリタンのまち


by かぐや