<   2010年 10月 ( 25 )   > この月の画像一覧

皆さんは、本手打ち鯛屋さんの入り口脇に足湯があるのを知っていますか?

鯛屋の若旦那が、街にいらっしゃるお客様の「憩いの場所」に、と設置したもの。
「秘策ですよ、秘策!!見ててください。これは絶対インパクトがあり話題になりますよ。」
しかし、若旦那の思いとは裏腹に、商店街を通る車や歩行者の目にさらされながら足湯に浸かるのは勇気がいるらしく、設置されてからかれこれ一年、殆ど利用者は無し・・・

そこで、つい立を置くことになったのですが、高さが不揃いだったり足が壊れかけていたり・・・目隠しと言うよりなんだか怪しげ。
これじゃ、ますますお客さんが寄り付かない気が・・・。
すると、若旦那「実は、まだ秘策があるんですよ!!」
ところが、一向にその秘策が出てこない・・・

見かねて、お休みを返上し、押しかけ日曜大工。ノコギリでギコギコ金鎚でトントン。
麻紐や結束バンドを使い高さを揃え、傷んだ箇所を補修。
すると待っていたかのように【鯛屋の足湯】という立派な看板が付いた。
b0093221_1342488.jpg


それから数ケ月後「これが秘策ですよ、秘策!!見てください。」若旦那が満面の笑みを浮かべて言った。(若旦那は本当に秘策が好きだ。。。)

今度は看板の下に【すだちの湯】と書かれたプレートが付いた。
覗いて見ると確かに酢橘が2~3個、洗濯ネットに入れて沈めてあった。
んー、これが若旦那の言うところの秘策なのか…(汗
「あ、あのさぁ。すだちの湯って言ったら、沢山の酢橘がプカプカ浮いてるってイメージじゃないの?」
「えーそうですか?」
「・・・・。」
案の定、通行人は誰もそれと気づかない。

それからしばらくしたある日「すみません。【すだらの足湯】ってなんですか?」と、お客様から質問を受けました。
が、何の事だか全く意味が分からない。(えっ、またまた若旦那の秘策?聞いてないよ~)
お客様の後についていくと、なんと、すだちの「ち」の字の横棒が消え「ら」の字になっているではありませんか。
b0093221_1343357.jpg
誰かのいたずらなのか、それとも偶然なのか。
それはともかくとして、「すだら」と言えば、この辺りの方言で「ろくでもない」とか「しょうもない」と言う意味でつかわれる「すだらもない」と言う言葉が連想される。
若旦那は「あはは、そうですか。」と、いたってのんき。
お店の人にいたっては、「じゃぁ、そこにマーカーがあるから書き直して下さい。」だって。

かくて 、鯛屋の足湯は「すだらの足湯」として今も健在。
そのうち、吉原の七不思議になるかも(笑)
あ、ひょっとして、これが若旦那の最大の秘策?

まあ、このゆるさが鯛屋さんペース。そこが良いという人たちがいるから328年も続いてきたのだろう。
そこで、スカイツリーと並んだ宇宙人ジョーンズのCM「ろくでもなく すばらしい世界」と繋がったわけで。。。



b0093221_1134389.jpg
 ナポリンのつけナポリタン情報!! 
2010年6月19日現在 の最新情報はこちらから!


◎taitanの「つけタン提供店マップ」
[PR]
by h-kaguya | 2010-10-28 09:08 | ★『吉原宿』旅は道連れ | Comments(0)
23日(土)、タウンマネージメント吉原主催の“浅草お笑いバスツアー”に添乗しました。

--------------- スケジュール -----------------------
7:30 7:00吉原本宿集合出発(東名高速にて東京へ)
9:40 日の出桟橋着
10:00 水上バスにて浅草へ 
10:40 浅草着(浅草周辺自由行動 浅草寺・周辺商店街等でお楽しみください)
12:50 浅草演芸ホール集合
13:00 浅草演芸ホールにて演芸観賞
16:10 浅草出発(東名高速にて富士へ)
18:30 吉原本宿着


b0093221_1532835.jpg
このところバスツアー続きですが、旅行社に商売替えをしたわけじゃありません。。。
今回のバスツアーは、12月4日(土)の開催予定の本宿寄席の前哨戦と言うか番外編です。

b0093221_1534533.jpg
寄席と言ったらこの人!
ふられ亭 扇痴さ・・・
いやいや、タウンマネージメント吉原の会長藤田さんの挨拶で、総勢36名のお笑いバスツアー発車オーライ!!
b0093221_22164945.jpg
日の出桟橋に到着。!!」それにしてもなんて気持ちの良い朝なんだろう!秋晴れの東京。レインボーブリッジや大観覧車も見えました。
画像右上の船がこれから乗船するユアータウンです。

b0093221_23434999.jpgさて、乗船していよいよ隅田川クルーズ。。。
ツアーの開催日直前にバス会社の方から、時節柄交通渋滞が予想されるので、当初の計画より出発時間を早めて欲しい旨の連絡があり、参加者の皆さんにはご無理をお願いしましたが、吉原本宿出発の時間を早めたのは、やはり正解でした。
渋滞こそ有りませんでしたが、私たちの後には長い行列ができ、ほぼ満席状態。
ぎりぎりに着いていたら、窓際の席の確保はとても無理でしたから。
b0093221_22565635.jpg
それぞれ思い思いの席を確保して海抜0メートルから見る東京。
左手に浜離宮・右手に国技館やスカイツリー。
皆さんの目にはどんなふうに映ったのでしょう。

ビルの窓に映る歪んだビル・・・
かぐやは、かなり変わり者なので、こんな風景にばかり目が行っていました(笑)
でも、異次元空間みたいな不思議な光景でしょう?
あと、缶コーヒーのCMでお馴染みの宇宙人ジョーンズの看板と、スカイツリーが並んでファインダーに収まる場所があり「このろくでもない、すばらしき世界」と言うワンフレーズが思い浮かんで、やられた。。。と思うと同時に、その「ろくでもない」と言う言葉と、鯛屋の蕎麦屋の前にある「すだらの湯」と言う看板が重なって思わずクスリと一人笑いをしてしまった。。。」(すだらの湯については、また後日ブログup予定ですw)

b0093221_019829.jpg
途中、東京消防庁の船とすれ違いました。誰かが振った手に手を振って応えてくれました。

さて、浅草到着。
ここからは約二時間強の自由時間。「どこでもいいから連れてって!」と言う参加者の皆さんの中には高齢の方もいらっしゃり、昼食・浅草見物・集合場所まで移動する時間も込みと言うと、ゆとりが有るようで無い微妙な持ち時間。
そこで、まずは食事を!
b0093221_027239.jpg

事前にもんじゃ焼きとか天ぷらのお店など、幾つかの食事処をチェックしてきてはいましたが人数も多いことから、ちかさん提案の中華バイキングに決定!!人通りの多い仲見世を避け、裏通りへ。
浅草公会堂スターの広場で芸能人の手形をチラ見して、ずらっと並んだ屋台から漂ってくる牛もつ煮の匂いと呼び込みのお姉さんの声を振り切って、「バイキング!バイキング!中華バイキング~♪」
b0093221_314504.jpg
お店のスタッフ全員が中国人。後から入ってきた団体のお客さんもみなそちらの方で、日本人は私たちだけ・・・?
この店が当たりだったかどうかは・・・「??」だけど、豚足お御代わり続出。。。
コラーゲンをたっぷり補って1050円なり!(笑)
b0093221_3333025.jpg
お腹がいっぱいになったところで、浅草寺参拝です。それにしてもすごい人出。。。(あぁ、できることなら網ですくって吉原に持って帰りたい!!)
b0093221_204852.jpg
しっかりお賽銭を上げ、煙を浴びるとその部分が良くなるという常香炉の煙を浴び、もうこれで痛いところが治るはず!後は旅行のお楽しみ、お買いもの~♪
b0093221_2045332.jpg
と思いきや、なぜかみんなの足は猿回しのお猿さんの前で釘づけ・・・。
まぁ、富士でも騒がれておりましたからね、噛みつき猿。でも、この子はちゃんとお姉さんの言う事を聞いてお仕事をしていました。時々外すところもなかなかのもの。。。

そんなこんなで、自由時間はあっというまに過ぎ、お土産を買うのもそこそこに集合場所の浅草演芸ホールへ。
b0093221_3453812.jpg
演芸観賞は3時間。
その間途中抜け出して買い物をするも良し、観続けるも良し、というゆるゆる企画。
写真撮影は禁止だったので画像は有りませんが、どっぷり寄席に浸った方、午後のお昼寝モードの方々。。。思い思いに浅草お笑いバスツアーをお楽しみいただきました。
b0093221_3473953.jpg
行きはスカイツリーに迎えられ、帰りは東京タワーに見送られ。。。

またまた、宇宙人ジョーンズのつぶやきを思い出す。
「この惑星には、常に新旧の戦いがある」
「ただ、この惑星の二つのタワーは、どちらもありだ」
そうだよ、古いものも新しいものもどちらもありなんだよ。

b0093221_3483777.jpg
「次のツアーはいつ?」と言う嬉しい言葉をいただきながら吉原目指して帰路につきました。



b0093221_1134389.jpg
 ナポリンのつけナポリタン情報!! 
2010年6月19日現在 の最新情報はこちらから!


◎taitanの「つけタン提供店マップ」
[PR]
by h-kaguya | 2010-10-27 07:57 | ★『吉原宿』旅は道連れ | Comments(0)

不思議と言えば・・・

散歩コースにある家の庭のバナナの木。
愛犬がいた頃から何年も見ているけれど、葉は茂っても実をつけたところを見たことなどなかった。
b0093221_037691.jpg
ところが、なんと今年は実をつけたのだ。。。

b0093221_0371717.jpg
完熟するかどうかは別として、この夏がいかに熱帯化していたかと言う事なのだろう。
b0093221_1134389.jpg
 ナポリンのつけナポリタン情報!! 
2010年6月19日現在 の最新情報はこちらから!


◎taitanの「つけタン提供店マップ」
[PR]
by h-kaguya | 2010-10-27 01:21 | ☆自然 | Comments(1)

ほととぎす

b0093221_016291.jpg
名前の由来は、花びらの斑点模様が鳥のホトトギスのお腹の模様に似ているところから。
パッと見は決して綺麗な花とは言えないけれど、その花の造形はとても不思議。




b0093221_1134389.jpg
 ナポリンのつけナポリタン情報!! 
2010年6月19日現在 の最新情報はこちらから!


◎taitanの「つけタン提供店マップ」
[PR]
by h-kaguya | 2010-10-21 09:49 | 花暦 | Comments(0)

 ----------ウォッチングコース----------

10:00 集合(吉原本宿)高砂館跡経由で東海染工へ
   15  東海染工工場見学(富士の湧水が育みし産業は紙だけにあらず)
   45  陽徳寺(川に流れてどんぶらこ 救世主は漂流者)
   55  吉原宿・東木戸のくすりやさん(松栄堂薬局吉原本町駅前店)
       粥ケ渕(魚市場あとは天然冷蔵庫)
11:10  天神社(吉原宿の守り神様は水供給の起点!?)
   15  牛や(文明開化は舟運から) 和田川散策
   20  唯称寺(水神 かっぱとの邂逅)
   30 着(吉原本宿)大型紙芝居【河童にもらった茶壺】
       昼食 (本手打ち鯛屋のそば&うどん)


陽徳寺(駿河一国百地蔵尊の第91番札所)

b0093221_2353211.jpg
岳南鉄道 吉原本町駅隣にある陽徳寺は、身代わり地蔵さんとして地元の人々に親しまれ、こんなお話が伝えられています。

その昔、町に眼病が流行り、困った人々はお地蔵様に願掛けをしました。
するとたちまち病は治まりました。人々は喜んでお地蔵様にお礼に行くと、お地蔵様の目の周りには目やにがいっぱいついていたと言う事です。

b0093221_01578.jpg
また、毎年7月23日と24日に開かれる、身代わり地蔵尊大祭では、新仏様や施餓鬼の供養。
そして地獄極楽を描いた大絵曼荼羅が開帳され、先祖供養や「悪いことをしてはいけない」と言う戒めを伝えています。

b0093221_01504.jpg

ところで、陽徳寺さんと水はどう結び付くの?と思われる方もい居るかも知れませんね。
実は、身代わり地蔵さんは、むかし駿東郡青野村(現在の沼津市)の光明庵と言うお寺に祀られていましたが、ある年の大洪水で、元吉原宿付近まで流されてきたのを宿場の人が助け上げ陽徳寺に祀られたと言われています。
川に流れてどんぶらこ 救世主は漂流者 と言うわけですね。。。



粥ケ渕(魚市場あとは天然冷蔵庫)

吉原宿はもともとは海沿いに栄えた港町でした。ところが、二度の水害に遭い現在の場所に移転してきました。
粥ヶ渕は、ちょうど和田川と岳南鉄道が交差する辺りにあります。
昔は、魚市場などがあり、ここまで荷役の舟が入ってきて賑わったそうです。
以前、久保田さんの案内で初めてここに来たとき、大きな魚が群れて泳いでいるのを見てびっくり。さらにそれがボラだと聞いて、この川が海に注いでいることを実感しました。
b0093221_071052.jpg
また、昔飢饉があったとき、対岸にある渡部家で大きな釜に粥を炊き人々に振舞ったことから、粥ヶ渕と呼ばれるようになったと聞きました。


天神社(吉原宿の守り神様は水供給の起点!?)

主 神
日子番能瓊瓊杵命(あめにぎしくににぎしあまつひこほのににぎのみこと)
配 神
木花之佐久夜毘賣命(このはなさくやひめのみこと)
菅原道真
配 祀
甲子神社(大国主命))
b0093221_084483.jpg
天神社は、吉原宿の鬼門に建立され、宿場の総鎮守として祀られています。
皆が立っている橋の下には、池?堀?がありますが、むかしは、和田川の水を集めて宿場全体に水を供給する起点だったと言う事でした。
だとするとやっぱり堀かな。。。

b0093221_023211.jpg
境内に置かれた道祖神は、単体伊豆型道祖神と呼ばれています。










天神社を後に和田川沿いを牛やに向けて散策。
b0093221_0315936.jpg
和田川は、吉原地区の中心街を流れ田子の浦港に注ぐ富士川水系の一級河川です。
一時期は、工場汚水や家庭排水で魚も住めない川になっていました。
しかし、工場排水が規制されてからは、地域の皆さんの努力で、今では魚が泳ぐ姿が見られるようになりました。
b0093221_014239.jpg
晴天に恵まれた和田川散策風景
b0093221_045576.jpg良きにつけ悪しきにつけ、煙突はこのまちのシンボル。




 






牛や(文明開化は舟運から)

古い町屋の雰囲気から、牛やと聞けば文明開化の象徴牛鍋か牛丼のお店かと思いきや、実はこの界隈では有名なうなぎ屋さんでした。
でも、吉原宿の名物がうなぎだったことを思うと何となく納得。
ただ、お店のメニューに牛丼もあったようなので、創業当初はどちらがメインだったのかは定かではありません。。。

b0093221_0492380.jpg
粥ヶ渕を行き来する舟の船頭さんや、そこに集まる人達で賑わっていたと聞きます。
今もこの辺りに高級料理店が集まっているのはその名残なのでしょうか。
b0093221_05233100.jpg

残念なことに、後継者がいないと言う事でつい最近閉店されました。
傷んではいますが、壁伝いに巡らされた犬矢来など昔ながらの町屋の特徴を残すその佇まい。
できることなら、後世に残しておきたい風景です。


唯称寺(水神 かっぱとの邂逅)

お馴染みの「河童にもらった茶壺」の伝説があるお寺です。屋根の上には伝説にちなんだ河童が一対置かれていて、よく見ると口の形が阿吽になっています。
b0093221_0542925.jpg

b0093221_0575173.jpgカッパの恩返し 唯称寺(吉原本町2)の寺宝に「カッパにもらった茶壷」というのがあります。
 これは、唯称寺が中吉原宿にあったころの話で、当時は和田川にかけられた新橋(今の新橋でなく左富士神社の近く?)の上手のかわべにあったといわれています。

ある晩、和尚さんはカッパが白ひげのお爺さんになって現われた夢をみました。
 「和尚さん、私はこの下の三ッ股淵に住むカッパです。先日の洪水でマンガ(田をたがやすクワ)が流れてきて巣の入口にかかってしまい、私のこどもたちは出入することができなく、大変困っています。どうかマンガを取り除いてください」といいました。
 翌朝、和尚さんは半信半疑で三ッ股淵へ行ってみました。すると昨夜の夢のとおり、北側の土手の下にマンガが引かかっていました。和尚さんはこれだなと思い、苦労してやっと取り除いて帰りました。
 するとその晩またカッパの夢をみました。
 カッパは「和尚さんありがとうございました。これは私が去年、川の底で拾った茶壷です。お礼のしるしに置いていきます。また、今後唯称寺が火難水難にあわないようにしました」といいながら、ボラニ匹と茶壷を差し出し、うれしそうに帰りました。あくる朝、和尚が玄関に出てみると壷と魚が置いてありました。 それ以来、唯称寺は火事になったことがないそうです。【広報富士 ふるさとのでんせつ(鈴木富男稿)】より
b0093221_1658100.jpg
ほぼ時間通りに吉原本宿に戻り、久保田さんの名調子で河童伝説をもとにした大型紙芝居を見ました。
ちょうど東京からつけナポリタンを食べに来て、留守番をしてくれていたちかさんから、つけナポリタンのお店や、表富士・杉山フルーツさんや商店街の面白スポットなどを教えてもらい一回りしてきたと言うお客様がいらっしゃったので、紙芝居鑑賞にお誘いしたところ、とても喜んで下さり、「迷っていたけど、富士味噌焼きそばも食べて帰ります。あ、お土産にCドルフィンさんのロールケーキも!!」と。。。吉原ファン1名様Getです!!
b0093221_193367.jpg
昼食は、本手打ち鯛屋さんのざるそばです。
若旦那のそば打ち、本当に上手くなりました!!
最近では、若旦那のそばを気に入って、小田原から毎月食べに来られるお客様もいるほど。
皆さんも、「吉原本宿」講座と若旦那のそばを一緒に楽しんでみませんか?


b0093221_1134389.jpg
 ナポリンのつけナポリタン情報!! 
2010年6月19日現在 の最新情報はこちらから!


◎taitanの「つけタン提供店マップ」
[PR]
by h-kaguya | 2010-10-21 09:48 | ★『吉原宿』旅は道連れ | Comments(0)
去る10月16日(土)第35回「吉原本宿」講座 吉原街並みウォッチングツアー
~水の恵みに育まれた吉原宿をたずねて~を開催しました。

第1弾は、昨年8月。
吉原本宿を起点として、吉原宿の西側のお寺や古い建築物巡りをしました。
天気屋さん山崎創建さんの私的文化財と言うブログで詳しく紹介されています。)

第2弾の今回は、~水の恵みに育まれた吉原宿をたずねて~と言うテーマで、吉原宿の
東側を和田川沿いに巡るコースです。

見所はなんと言っても、東海染工さんの工場見学です!!
製紙と同様、染色業もまた豊富で且つきれいな水が必要なんですよね。

   ----------ウォッチングコース----------

10:00 集合(吉原本宿)高砂館跡経由で東海染工へ
   15  東海染工工場見学(富士の湧水が育みし産業は紙だけにあらず)
   45  陽徳寺(川に流れてどんぶらこ 救世主は漂流者)
   55  吉原宿・東木戸のくすりやさん(松栄堂薬局吉原本町駅前店)
       粥ケ渕(魚市場あとは天然冷蔵庫)
11:10  天神社(吉原宿の守り神様は水供給の起点!?)
   15  牛や(文明開化は舟運から) 和田川散策
   20  唯称寺(水神 かっぱとの邂逅)
   30 着(吉原本宿)大型紙芝居【河童にもらった茶壺】
       昼食 (本手打ち鯛屋のそば&うどん)


さて、この日の講師は、私が吉原に来て大きな影響を受けた方々のなの内のお一人。
吉原の歴史を語らせたら一晩や二晩じゃとても足りない程、熱~い想いを持った
まちの駅でもお馴染みの久保田豪さんです。

b0093221_22573726.jpg
         (吉原本宿前に集合した参加者の皆さんと、コースの説明をする久保田さん。)

秋晴れのさわやかな日差しの中足取りも軽やかに、ラクロス・岳南鉄道踏切を渡り八坂神社近くの東海染工さんへ向かいます。

普段何気なく通り過ぎていた街角。
今は名のみの高砂館跡。
傍らの石に刻まれた文字。
一つ一つ説明を受けると、私たちの暮らしが、遠い歴史の上に成り立っていることがわかります。
b0093221_2258932.jpg
ところで、富士市がトイレットペーパー生産日本一だということは、富士市民の多くの人が知るところですよね。
でも、今から20年くらい前まで、この富士市が靴紐・綴り紐の生産日本一だったこと、しかも、当時はそのシェアーの約90%を占めていたことは、皆さんは知っていましたか?
また、その靴紐などを専門に染める町工場が岳南商店街八坂神社の近くにある事も。

実はかぐや、 染・織・紡に興味があって、以前久保田さんがガイドするまち歩きに参加した時、東海染工さんの存在を知り、「見学したい!!」と、ずっと思っていたのでした。。。

b0093221_22583482.jpg
創業およそ80年。4代続いているという染物工場の入口の建屋もなかなか味があります。
b0093221_2302338.jpg
聞けば、工場見学を受けるのはこれが初めての事だそうで、本邦初公開!!
ワクワクしてきます。。。
b0093221_29211.jpg
工場内には、染色前の靴紐・綴り紐・衣類のタグ紐・手芸用ロープなど、様々な紐や糸が山積みされていました。
b0093221_9414360.jpg
幾重にも組まれた梁が印象的です。
b0093221_23134183.jpg
残念ながら土曜日と言う事で、機械は動いていませんでしたが、沢山の染色機械が並んでいました。
b0093221_9432586.jpg
ところどころに作業途中の枷がかけられたままの機械もあり、染色作業が想像できました。
b0093221_9441987.jpg
大型の脱水機 ・   某有名自動車会社の車の内装に使われる紐テープ ・ 染色準備の枷繰機。
驚いたことに、植物性繊維で編まれた帽子やウールを含む、皇族方がお被りになる高級帽子の染色もされており、画像一番右の形を整えるプレス機などもありました。
これにはフェルト帽子を作ったりするかぐやは、いたく感動!(あー、仲良くなりたいわぁ。。)と思ったのでした。
b0093221_9445492.jpg
更に、ファスナー生地の染色なども行われており、小ロット多品種の小回りの利く町工場ならではの、いぶし銀の風景が有りました。

また、工場内で思わぬ発見が二つ有りました!

一つは、外からは全く見えませんが、なんと工場の中ほどに春日神社が祀られていたのです。
工場の増築を重ねるうちに神社を囲むような形になってしまったとか。
歴史は天神社より古く、昔は地域でお祭りも開かれていたんだそうです。
b0093221_9451124.jpg


そして、もう一つは、戦前日本政府が立てたと言う高札です。
工場の片付けをしていたら出てきたんだそうです。
b0093221_9472732.jpg
創業当初は、パラシュートの紐などの染色が中心だったと言うお話から、この高札の意とそれから向かえた苦い時代背景がうかがえる気がしました。
b0093221_22574141.jpg
工場の一角に湧き出す富士の湧水。
b0093221_22575961.jpg
時々水を汲みに来る人があるそうです。



b0093221_1134389.jpg
 ナポリンのつけナポリタン情報!! 
2010年6月19日現在 の最新情報はこちらから!


◎taitanの「つけタン提供店マップ」
[PR]
by h-kaguya | 2010-10-19 22:54 | ★『吉原宿』旅は道連れ | Comments(2)

桜が。。

b0093221_8124415.jpg

咲いていました。狂い咲きなどとは呼びたくないほど、健気です。
[PR]
by h-kaguya | 2010-10-19 08:12 | Comments(3)

ぶるぶるっ!

b0093221_757485.jpg

昨日とは、打って変わって、曇り空の朝。
風の冷たさに、思わずぶるぶるっ!
雲で覆われた富士山の頂きでは、雪が降っているかもしれません。
[PR]
by h-kaguya | 2010-10-19 07:57 | Comments(1)
10月16日の夕方の我が家の食卓に、「しょうちゃん」がやってきました!!
「しょうちゃん」と言っても、人の名前ではありません。秋の味覚きのこの名前で正しくは「ショウゲンジ」と言います。
吉原本宿」講座のお手伝いに来てくれたちかさんが、前日に行ったきのこ狩りのお土産に持ってきてくれたのでした。
b0093221_12897.jpg
ショウゲンジ・小松菜・ベーコンのバター炒めとクリームシチュー。
b0093221_13383520.jpg
肝心な画像をと取り忘れてしまったけれど、ショウゲンジはカサも開きすぎず理想的な形。。。
ちかさんが、憧れの人に逢いにでも行くように足げく通った分け前を、美味しくいただいたのでした。。。
旬のものを頂く。。。最高の贅沢ですね!

b0093221_1134389.jpg
 ナポリンのつけナポリタン情報!! 
2010年6月19日現在 の最新情報はこちらから!


◎taitanの「つけタン提供店マップ」
[PR]
by h-kaguya | 2010-10-18 10:36 | ☆かぐや徒然 | Comments(2)

黄金の富士山

b0093221_23512358.jpg
日本で一番高い山に一番早い朝がくる。
東の峰から徐々に朝日に包まれて、金色の衣を身に纏う。
それからゆっくりと地上に朝が降りてくる。
b0093221_23541269.jpg
金色の富士山・・・
写真では上手く色が出ていないけれど、ダイアモンド富士を見るよりチャンスは少ない。
よく、『早起きは三文の得・徳?』なんて言うけれど、これは、『徳』かな。


b0093221_1134389.jpg
 ナポリンのつけナポリタン情報!! 
2010年6月19日現在 の最新情報はこちらから!


◎taitanの「つけタン提供店マップ」
[PR]
by h-kaguya | 2010-10-17 07:41 | ☆かぐや徒然 | Comments(0)

富士つけナポリタンのまち


by かぐや