5月24日、長い間温めていた「夢」を叶える第一歩を踏み出すべく
少々の不安と大きな期待を抱いて、東京へと向かいました。
「夢」と言うのは、帽子作りの学校で基礎を学んでオリジナルの帽子を作ること。
いつかそれを、ライフワークにしたいと思っていたのです。

恥ずかしながら、田舎者の私はこれまで一人で東京へ行ったことが無く
そのために、事前にネットで乗り継ぎを検索し、家人に付き添いを頼んで下見もし
余裕で、当日を迎えたはずでした。

ところが、洗濯物を干し犬の散歩を済ませ、ふと時計を見ると
!・・・・時間が無い。
新幹線出発時間まであと45分、家から新富士駅まではどんなに急いでも
40分は見ておかなければいけないのです。
大慌てで車を走らせました。
しかし、こんな時に限って前を走るのは「路上教習中」と書かれた
自動車学校の車・・・
初日から遅刻なんて、あぁ、、、最悪です・・・。

それでも、何とか5分前に駅に着き、切符を買い、階段を駆け上がって
予定通りの新幹線に乗りました。
ホッとしながら座席につき、携帯をマナーモードにしようと鞄の中をまさぐると
な、無いのです、携帯が・・・。
確かに家を出るとき携帯と鞄を手に持って車に乗り込み、それらを
助手席に置いて・・・置いて来てしまった・・・。
b0093221_0513118.jpg
不思議なことに、携帯って持つ前は無くても何も困らないのに
一度持ってしまうと、こんな時妙に不安だったり落ち着かなかったりします。
その辺りの微妙な不安が異次元への入り口だったのかもしれません。

[PR]
# by h-kaguya | 2006-05-27 00:39 | ☆かぐや徒然 | Comments(2)

 『本宿』閉店時間近くに、「今夜の宿泊をお願いしたいのですが、お部屋は空いていているでしょうか?」と、ひどく疲れた様子の年配のご婦人が訪ねていらっしゃいました。
 
 聞けば、熱海から三島に用事があって来たらしいのですが、TVで見た鯛屋さんを思い出して、吉原まで足を伸ばしてみようと思い、どうせ一泊するなら少々無理しても大丈夫だろうと、三島の街を散策した上、JR吉原駅から鯛屋さんまで歩いてきたとの事でした。

 実は、今日は満室で、昼間も一人お断しているのを聞いていたので、とても気の毒に思いながら、宿泊希望のお客様が玄関に見えていることを、鯛屋さんのご主人に取り次ぎました。
ご婦人の話を聞きながら、ご主人が困っているのが良くわかりました。
昼間お断りする時も、とても申し訳なさそうにお断りしていたからです。
 
 一応、今日は満室で空き部屋が無い事を説明しながらも、目の前にいる疲れきった様子のお客様を無下にお断りすることが出来なかったのでしょう。
少し考えた後で、「せっかく訪ねて頂いたのに申し訳ありません、よろしければ、お風呂だけでも入っていきませんか?少しは疲れが取れるかも知れません、その後で駅まで車で送らせてただきます。」と、お客様を迎え入れたのです。

 しばらくしてお風呂から上がったご婦人は、「予約もなしに無謀なことをした私が悪いのに、こんなに親切にしていただいて、ありがとうございます、疲れが取れました。」と、喜んでいらっしゃいました。
 
 家族4人で切り回している旅館のこの時間は、宿泊のお客様の夕食の支度で忙しいはずなのに・・・。
ビジネスで泊まるお客様以外に、一人旅の方や、ご夫婦、お友達同士で「また来たよ。」とやって来るお客さまが多いのもなんだかわかる気がしました。。。
[PR]
# by h-kaguya | 2006-05-26 02:59 | ★『吉原宿』旅は道連れ | Comments(2)

さて。。。

 さて、一応カテゴリー分けも終わって何とか形が付いた。。。(つもり・・・w)
☆かぐや徒然には、個人的な日々の あ~んな事 こ~んな事 を書き綴って
行こうと思います。

[PR]
# by h-kaguya | 2006-05-26 00:52 | ☆かぐや徒然 | Comments(0)
b0093221_1175983.jpg
      スキャナーの調子が悪く 写真に撮ってUPしました、見難くてすみません。。。 
      ※ 祇園祭りの日程に、誤りがありましたので訂正させていただきました。
[PR]
# by h-kaguya | 2006-05-25 22:25 |    ♪新着イベント情報 | Comments(3)

5 ・ 6月のイベント



6月 20日(火) 吉原小宿 食彩サービス


6月 10日・11日(土) 吉原祇園祭り


6月 6日(土) 鯛屋旅館「吉原本宿」
           歴史処展示物の更新と配置換え


6月  3日(土) 鯛屋旅館吉原本宿 歴史講座 『吉原の祇園祭り』
             場所 : 鯛屋旅館吉原本宿
             時間 : AM10:30~
             講師 : 駿河郷土史研究会 渡辺繁治 先生
             参加費 : 700円(昼食込み)
             定員 : 30名(定員になり次第締め切ります)
             申し込み先 : 鯛屋旅館『吉原本宿』
                       TEL 0540-52-0100
                       FAX      〃

5月 27日(土) 「吉原宿の朝市」
             場所 : 長さん小路(吉原屋さん横の道)
             時間 : AM10:00~12:00
[PR]
# by h-kaguya | 2006-05-23 18:57 |    ♪イベントカレンダー | Comments(2)

情報発信コーナー

b0093221_7185997.jpg

玄関入り口のカウンターには

        ◇ 吉原商店街マップ
        ◇ 富士吉原地域の名所旧跡案内パンフレット
        ◇ 企画イベントのパンフレット
        ◇ その他情報誌
                    
                   など取り揃えてご案内しています。
[PR]
# by h-kaguya | 2006-05-23 18:56 |   ◎情報発信コーナー | Comments(0)

夢そば

    メニューは、夢そば(日替わりじゃこ飯付き)  一品勝負です!!
b0093221_241132.jpg

          -------- オープニング価格500円継続中 -------- 
[PR]
# by h-kaguya | 2006-05-22 03:12 |    ♪メニュー | Comments(2)

お食事処



以前は、旅館に宿泊のお客様用の食堂でしたが『吉原本宿』
オープンに伴い改築され、AM11:00~PM14:00まで
一般の方にも『お食事処』としてご利用いただけるようになりました。
どっしりとした白木の一枚板のテーブルもなかなかのものです。
尚、水曜日は定休日ですのでご注意を。。。



b0093221_0334596.jpg

[PR]
# by h-kaguya | 2006-05-21 01:09 | Comments(0)

一店逸品販売処



吉原地域の商店の 一店逸品 お勧め商品の販売コーナーだよ~。。。


b0093221_0182034.jpg
b0093221_0195058.jpg
b0093221_0214495.jpg

[PR]
# by h-kaguya | 2006-05-20 21:05 | Comments(0)

吉原宿 歴史処


吉原宿当時を ほうふつさせる貴重な資料や所蔵品の他、吉原の今と昔の
写真などが展示されています。



b0093221_245993.jpg


b0093221_2151411.jpg

b0093221_2171013.jpg
b0093221_2193933.jpg

[PR]
# by h-kaguya | 2006-05-20 19:25 | Comments(0)

富士つけナポリタンのまち


by かぐや