★ 新居まち歩きと小松楼見学

1.まち歩き

小路(しょうな)

b0093221_9182496.jpg
家と家との隙間を縫う様に、道幅1.5メートル有るか無いか位の路地が続いている。まるで町全体が土間で仕切られた一軒の家のようにも見える。歩いていれば覗こうとしなくてもその家の生活が見えてしまいそうでちょっと躊躇していると、「ここは、町道ですから大丈夫ですよ。」と言う説明がありました。
b0093221_924024.jpg
ところどころに祀られている地の神様や、古い町並み。
きっと昔は、井戸端会議のおばちゃんたちや、走り回る子供たちの声が響きわたっていたんだろうな。。。
b0093221_927415.jpg
 小路に残る古い町並みはコンパクトにまとまっていて、ウォーキングやスタンプラリーなどを企画したら、人気が出るだろうなぁと思いながら、その反面、(余りにも生活に密着していて、外から来た人たちが沢山歩くようになると、プライバシーや治安など、いろいろな問題も起きてくるんだろうな・・・。)
「この塀の中には古い蔵のある家が残っていて。。。」と言う説明に、ついつい背伸びしてシャッターを切った写真。(ごめんなさい)

b0093221_9541984.jpg
200年前の常夜灯、昔は、この前までが海だったこともあり、灯台の役目も兼ねていたとか。
変則5差路、路面下に昔の水路が流れる道。
b0093221_103939.jpg
点在する古民家と所々あいた空間には、家を新しくするために切り取られた家の形がそのまま残っていました。
b0093221_2215864.jpg
秋葉社の祠と常夜灯。
どこを見ても、「勝手に応援団!!」おもしろ探検隊が見たら、もう、大喜びするに間違いない風景ばかりです!!

小松楼
b0093221_1542071.jpg
さて、こちらが今回のゼミのテーマにもなっている【小松楼】です。玄関を入ると正面に2階に上がる階段がまっすぐに伸び、その階段を囲むように部屋があり、更にそれを囲むように廊下が配され、芸者置屋らしく客同士が鉢合わせしない様に工夫がされていたと言う。
b0093221_3251983.jpg
展示品やふすまや床のきしみのどれもが、忘れられていた時間の長さを感じさせます。
b0093221_3393858.jpg
b0093221_334310.jpg
古い建物の再生には耐震の問題など付いて回るものですが、正直なところ小松楼の傷みは想像以上に激しく、補強や修復にはかなりのお金と時間がかかるように思われました。
b0093221_3541417.jpg
それでも、下駄の鼻緒の赤さや、障子にはめ込まれたすりガラスの松に小の字の影が薄明かりに浮かぶ様子が往時の姿を忍ばせます。
きっとこれがただの観光で訪れたのなら、「趣が有る」とかそういった言葉で飾られたのかもしれません。

寺道

新居のまちを歩いていて気づいたことは、標識がきちんとされていること。
特に寺道は、これならマップを片手に方向音痴のかぐやでも大丈夫!
b0093221_840454.jpg
武兵衛本陣跡の脇になぜか突然大きなバナナの木が・・・しかも、実がなってました。。。
b0093221_8403994.jpg
隣海院の山門には赤い鬼のようなもの(ジキジキ像)が鴨居を支えるように座っていました。
b0093221_941465.jpg
本果寺・神宮寺(関所稲荷・鯖弘法大師・子安観音などが祀られていました。)
b0093221_912498.jpg
諏訪神社の御神木大欅、町の天然記念物の東福寺のマキの大木など、巨木&古木フェチのかぐやにとっては、たまりません。。。
b0093221_274422.jpg
特に、450年もの間、人間の営みを見守り続けて来た大欅には思わず声を上げて駆け寄ってしまいました。
ただ悲しかったのは、その根元がアスファルトやコンクリートで固められこれ以上根を張ることができない状態になっていたことでした。
[PR]
by h-kaguya | 2009-02-23 09:11 | ★『吉原宿』旅は道連れ

富士つけナポリタンのまち


by かぐや