旧 順天堂田中歯科医院 国の登録文化在指定へ!!

昨日、まちの駅の久保田さんが「いやー、とうとうここまで来たよ。」と、富士ニュースと岳南朝日新聞のコピーを持って来てくれました。
そこには、 「旧順天堂田中歯科医院診療所兼主屋」が国の登録有形文化財として登録される見通しとなった。 と言う記事が載っていました。

b0093221_0251473.jpg
b0093221_029119.jpg
(嬉しいので、両方の新聞を載せちゃいました。)

「とうとうここまで来たよ。」と言うのには訳がありました。

それは、まだ「吉原本宿」が出来て間もない頃。
まちの人たちは、中心市街地の活性化を目指す上で吉原には売りになるような宿場町当時の町並みや古い建物もなければ、ランドマーク二なるようなものもない・・・と嘆いていました。
その頃かぐやは、この町を知ろうと時間を作っては、まち歩きをしていました。
そして見つけたのが、旧順天堂田中歯科医院!
他にも塩谷銅鉄さん・牛や・粥ヶ渕(和田川)、100年以上も続く老舗のお店etc。。。あるじゃん!面白いところ!!
これはすごい発見とばかりにいろいろな人に話してみましたが、地の人にとっては普通の事で・・・
気にも留めるふうは有りませんでした。

そんな中で久保田さんだけが違っていました。
「やっぱり面白いって思う?実はねこんな所も有るんだよ。」と、まるでずっと誰かに背中を押されるのを待っていたかのようでした。
「うん、面白いよ!自分の睫が見えないように、あまりにも身近だったり当たり前だったり、日常見慣れてしまって気づかないそういうもの探し。人も建物も、そういうの掘り起こして繋いでいったら、宝の地図が出来上がるじゃん!」

そして出来上がったのが、2009年8月22日
「吉原本宿」講座 【吉原街並みウォッチングツアー】

吉原本宿→妙祥寺→立安寺→虎屋商店→大運寺→木之元神社→塩谷銅鉄順天堂田中歯科医院→喫茶アドニス(昼食)
地元の歴史に通じた久保田さんと、1級建築士というプロの観点から講師を買って出てくれた山崎創建の山崎さんのW講師のお陰で、吉原の歴史と古い建築文化を楽しむ、これまでにない一層厚みを増したコースとなりました。

以降、このコースをたたき台にしたまち歩きが開催され、中でも旧順天堂田中歯科医院は、街中で見られる明治中期の擬洋風建築物。薄緑色の壁と突き出た赤い屋根と六角形のドーム型の屋根は印象的で参加者の興味を大いに引き、一躍脚光を浴びる存在になりました。
b0093221_3114294.jpg

しかし、老朽化が進みつつあるなか・・・その保存は個人の持ち物と言う事もありなかなか難しいと思っていたのでした。


フジパクまちなか探検隊 吉原編 9月27日
しずおか町並みゼミin吉原 2010年2月13日
静岡民家の会ウォーキング 2月14日
◎財団法人しずおか健康長寿財団「のんびり歩こう!東海道吉原宿 4月21日
吉原小学校教職員地域研修 8月17日



b0093221_1134389.jpg
 ナポリンのつけナポリタン情報!! 
2011年2月23日現在 の最新情報はこちらから!


◎taitanの「つけタン提供店マップ」
[PR]
by h-kaguya | 2011-03-21 04:21 | ★『吉原宿』旅は道連れ

富士つけナポリタンのまち


by かぐや